労働安全・衛生コンサルタントとは


労働安全・衛生コンサルタントは、 昭和47年に労働全衛生法第81条に基いて創設されました。

厚生労働大臣が行う高度の試験に合格し、厚生労働省の名簿に登録を受けて開業しています。 

 

労働安全コンサルタント・ 労働衛生コンサルタントの名称の下に、事業者の求めに応じ、報酬を得て、安全衛生診断や指導を行います。 

最も得意な分野を示すものとして労働安全コンサルタントには、機械・電気・化学・土木・建築、労働衛生コンサルタントには保健衛生・労働衛生工学の区分があります。 安全衛生診断と安全衛生改善計画の作成は、同法80条に基く労働安全・衛生コンサルタントの最も重要な業務です。 

 

労働安全・衛生コンサルタントには、労働安全衛生法により守秘義務がありますので、安心して相談が出来ます。

岡山支部について


(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会岡山支部は、労働安全及び労働衛生に関する専門家集団として、専門分野でのあらゆる活動を通じ、地域社会に貢献することを目標に掲げており、生涯研修制度により自己研鑽を重ねた豊富な人材とノウハウにより、リスクアセスメントの導入から労働安全衛生マネジメントシステムへの取組みの支援体制を整えています。

また、企業のあらゆる労働安全・衛生活動を積極的に応援しております。

【活動の具体例紹介】

(リスクアセスメントについては「業務内容」の頁をご覧ください。) 

〇安全衛生診断 〇講演 〇講習 〇教育訓練  

〇安全(衛生)管理特別指導事業所指定の対応  

〇現場パトロール(費用については個別に相談させていただきます。) 

その他、「無料の安全衛生なんでも相談」を実施していますので、ご利用ください。 

次の支部長(横溝 浩)までお問い合わせください。

【支部長】横溝労働安全衛生コンサルタント事務所 横溝 浩

    〒710-1313 倉敷市真備町川辺430-5

    電話 080-6260-0880   E-mail : r2u9-884b-fff6@sky.hi-ho.ne.jp